スキーインストラクターに転職するのに必要な資格「SAJスキー指導員」とは?


スキーインストラクターとはこんなお仕事

スキーインストラクターは、スキーの講習会などで、ゲレンデにおけるマナーや滑り方を教えるお仕事です。最初は、スキーが好きで……上手に滑りたくて……との思いで検定試験を受けられる方も多いのですが、その中でどんどん技術が上達し、最終的に指導員への道を切り開く方が多いように感じます。

スキーインストラクターを極めるにはどうすればいいのか

スキーインストラクターのお仕事を極めるには、やはり、上位の資格を目指すことが重要でしょう。SAJスキー指導員には、準指導員と、指導員、そして専門指導員の3種類があります。もちろん、より上位の資格を取得することで、教えられる内容にも違いが出てきますし、信頼度も格段にアップすることとなるのです。

スキーインストラクターに就職や転職する上で必要なこととは

スキーインストラクターとして働くためには、まずはSAJやSIAといったスキー団体が認定するインストラクター資格を取得することが一番の近道です。実際、ほとんどの求人でインストラクター資格を応募条件にしているところがほとんどなので、ほぼ必須条件といえるかもしれませんね。

「SAJスキー指導員」という資格を取得する上で必要なことは

指導員資格の中で最初の資格検定となる「準指導員検定」を受検するには、スキーの能力検定に当たる「スキーバッジテスト」の1級の取得することが必須条件です。

とにかくスキーの技術操作と、そのための理論をしっかりと理解することです。