スポーツ指導者に転職するのに必要な資格「公認スポーツ指導者」とは?


スポーツ指導者とはこんなお仕事

このお仕事は、スポーツを安全に行い、かつ効率的にそのスポーツに取り組めるよう指導する内容となっております。昨今はスポーツブームが到来していますよね。それにより、スポーツ指導者の資格取得を目指される方も、年々増加しているのです。

スポーツ指導者を極めるにはどうすればいいのか

一口にスポーツ指導者といっても、その競技専門の指導者や、スポーツドクターやクラブマネージャーなどいろいろあります。しかしどの分野を選択するにしても、たとえば「そのスポーツをすることでこんな効果がある」「ここの筋肉に効く」「団体戦はこんな活動に適している」……などといった、客観的な指導ができることが重要ですね。スポーツを目先のことだけでなく、広い視野でとらえるコツを身につけましょう。

スポーツ指導者に就職や転職する上で必要なこととは

スポーツ指導者として働くのであれば、公認スポーツ指導者の指導員資格は取得しておきましょう。

公認スポーツ指導者の資格は、文部科学省により制度化されている公的な資格となっておりますので、信頼性や価値が高く、就職にも大いに役立つことと思います。

「公認スポーツ指導者」という資格を取得する上で必要なことは

資格取得のためには、「養成講習会」に参加しなければなりません。また一部資格で、競技団体からの推薦あるいは日本体育協会の承認が必要なものもあります。事前によく確認しておきましょう。