ハンググライダー指導者に転職するのに必要な資格「JHFハンググライディング教員」とは?


ハンググライダー指導者とはこんなお仕事

ハンググライダー指導者は、読んで字の如く、「ハンググライディング」というスカイスポーツを初心者に教えるお仕事です。ハンググライディングの技能は、JHFハンググライディング技能証によりレベルを証明することとなります。民間資格ではありますが、ハンググライダーを楽しまれる方にとっては、安全かつ競技性の高いスポーツとして楽しむために、JHFハンググライディング技能証は、非常に取得率の高いものとなっているのです。

ハンググライダー指導者を極めるにはどうすればいいのか

やはり、ハンググライディングの実践を数多く積んでいくことが重要です。教育課程を修了し、実技を行うことで、技術はどんどん磨かれる競技でもありますので。

ハンググライダー指導者に就職や転職する上で必要なこととは

ハンググライダーを教えるレベルにまで到達するには、パイロットと呼ばれる資格を取得することが必要です。16歳以上で、練習生A、練習生B、練習生Cを終えての取得となりますので、就職や転職を考えるようになるまでには、長き道だとお考え頂ければと思います。また、さらにパイロットの上にも、助教員、教員と、ステップアップが控えています。

「JHFハンググライディング教員」という資格を取得する上で必要なことは

JHFハンググライディング技能証の取得には、JHFフライヤー会員への登録が必須となっております。そして、A級からパイロットまでは、担当教員を通しての受験申請となりますが、助教員と教員の受験に関しましては、各都道府県連盟の推薦紹介が必須となっております。