「株式会社ソートD2」の社員、柿元さんの自己紹介

以前は某ベンチャー企業でアプリの開発を行っていたのですが、7年前に転職し、現在はここで事務ソフトの開発メンバーとして頑張っています。いまは、某企業向けのマイナンバー管理ソフトの開発に取り掛かっています。

柿元さんが「株式会社ソートD2」に転職して(またはする上で)苦労したこと

ひとたびプロジェクトに取り掛かると、それが長期間続くことになるので、モチベーションをどう保つかが、慣れるまでは意外と大変でした。

その転職の苦難を乗り越えた方法

あくまで私の場合ですが、頭のリフレッシュのために、昼休憩中に15分程度寝るようにしました(この方法を見つけてから、さくさく業務が進むようになりました)。

ちょっと笑える、「株式会社ソートD2」へ転職をした際のエピソード

私が前に勤めていたところはベンチャー事業なので、結構「社長の一存で即決定」という風潮があったんですね。しかしここはそうではなく、「企画書を作る」「提出する」「会議にかけられる」……といくつもの工程が必要なんですよね。それを知らないうちは、もう、何度も何度も上司に「まだですかコール」をしてしまっていましたね……。うるさい部下だと思われたんじゃないでしょうか……(笑)

「株式会社ソートD2」のご紹介

当社では、事務ソフトの開発を行っております。ただパッケージソフトではなく、依頼を受け、オンリーワンのソフトを作り上げる……といった感じですね。

現在出している「株式会社ソートD2」の求人紹介

ソフトウェア開発スタッフ(システムエンジニア、プログラマー)の求人を行っております。