就職の経験者宮前が語る。 


宮前はこの株式会社いまい住宅紀行に就職するまでに何をしていたのか。

彼は、大学の時にアルバイトもそれほどしたことはありませんでした。故に人と会話をする事を得意とはしていませんでした。会話をそれほど重要視していなかったからでした。会話がとても重要だと分かってからは、すぐに就職に必要なん物だと思い会話の上達レッスンを受けることにしました。

その就職の苦難を乗り越えた方法。

最初に言った会話の上達レッスンは本当に役にたちました。それほど対人恐怖症という分けでは無かったのですが、会話上達レッスンを受けることで人と話をする事に自信が持てるようになりました。苦難を乗り越えることが出来たのは自分のやろうと、やってやろう!という強い気持ちだと考えています。

ちょっと笑える、株式会社いまい住宅紀行へ就職をした際のエピソード

4人で家を一つひとつ回っていた時でした。山畠という少し変わった名前の家を訪問しました。中から出来てき女性は山畠部長の奥さんでした。誰も気づかなくて上司の家に営業をしてしまったことがありました。訪問をした時が丁度、御昼であったので、上司の奥様は私達4人に昼食をご馳走してくれました。

株式会社いまい住宅紀行のご紹介。

1人の営業行動は、株式会社いまい住宅紀行ではありません。連帯責任という分けではありませんが、1人ではなく3人や4人で営業をする方が1人が抱える負担が減るので効率が良くなると考えている会社です。