経理に転職するのに必要な資格「計算実務能力検定」とは?


経理とはこんなお仕事

経理とは、どこの会社にも必須となる部署。と言いますのも、給与の計算や賞与計算、年末調整といった内容だけでなく、社会保険の手続きなど、会社や社員に携わる各種金銭・税務に関わるお仕事、すべてを担う大切な職務だからです。経理の不要な企業……というのは、あり得ないのです。

経理を極めるにはどうすればいいのか

金銭に関連のある他の資格、例えば簿記やファイナンシャルプランナーなども、併せて取得しておくとよいでしょう。多角的に見る目を持つと言うことは、より高度な作業を行えるようになりますし、企業から重宝されることは間違いありません。

経理に就職や転職する上で必要なこととは

経理への就職や転職を考えておられる方に、必要なこと。それは、企業全体を見渡せる「目」を持つことです。経理の仕事は、お金の計算だけしていればいいものではありません。支出や収入を知るためには、仕事の流れや、関連企業の現状を知ることも重要です。また、働く社員の労務コンプライアンスについても熟知しておくことが求められるのです。

「計算実務能力検定」という資格を取得する上で必要なことは

計算実務能力検定は、以前あった給与計算検定が廃止され、新しく2014年より実施された検定です。まだ歴史は浅いのですが、厚生労働省の認可機関が設けた公的資格であり、給与計算の重要性は否めないことから、今度の重要度は増す傾向にあると見られます。取得をお悩みであれば、ぜひオススメしたい資格と言えますね。