造園施工管理技士に転職するのに必要な資格「造園施工管理技士」とは?


造園施工管理技士とはこんなお仕事

造園施工管理技士は、近年注目されている屋上緑化などの造園工事において、施工計画の作成や、施工現場における施工管理や安全管理を行うお仕事です。

ちなみに、「造園施工管理技士」は、国家資格で、造園工事などで必須とされるものとなっております。なかなか需要の高いお仕事となっているようですよ。

造園施工管理技士を極めるにはどうすればいいのか

単なる造園施工を考えるのではなく、街の中の「緑化」を考える力が求められています。ビルについて、日照について、あるいは、決して適しているとは言えない環境でも生育できる植物について……などといった知識が求められることとなります。そのような知識の厚みを増していくことが、造園施工管理技士を極めるための第一歩に繋がっていきますので、幅広い分野での知識習得が重要です。

造園施工管理技士に就職や転職する上で必要なこととは

自身が手掛けた過去の緑化・造園の設計図や写真などを持参するといいでしょう。百聞は一見に如かず。貴方の能力をしっかりと紹介できることこそ、このお仕事を確実にGETできることと考えましょう。

「造園施工管理技士」という資格を取得する上で必要なことは

造園施工管理技士の資格には、1級と2級があり、いずれも学科試験と実地試験があります。学科試験は、土木工学や施工管理、および法規などが問われ、実地試験では、施工管理法が確認されることとなります。どちらも全力で取り組まなければいけない、難しい内容となっていますよ。