バイヤーに転職するのに必要な資格「TOEIC」とは?


バイヤーとはこんなお仕事

お店のイメージや、企画にあった商品を買い付けるというお仕事です。場合によってはバイヤーがレイアウトまで担当するということもあります。

バイヤーを極めるにはどうすればいいのか

とにかく実践経験を積むことが必須だと思います。転職も特に気負わずに、どんどん新しい分野への挑戦と捉えてされている方も多いようですね。会社を変えることで、話す相手も環境も変わってきますし、発生する問題も違ってきます。そこに「成長」があるのではないでしょうか。

「TOEIC」はこんな資格

英語でのコミュニケーション能力を認定する試験で、海外の業者と取引をする企業ではこの資格が必須です。実はこのTOEICの試験は、「合格」「不合格」というくくりではなく、その時に取得できた得点が、そのまま資格価値となります。今の自分の実力を示すための良いツールという訳ですね。また、他の英語における資格(英検など)と異なるのは、ビジネス英語が中心となった出題であること。ビジネスの現場での英語力を客観的に示せるということで、大変喜ばれています。一般的な資格試験だと、不合格の通知を受け取ってしまうと、一気にやる気が無くなってしまうもの。ところがTOEICなら、徐々に上がっていく様子を実感できますので、学びのペースメーカーとも言える存在なのです。自分を成長させるために活用している人が大変多い資格ですね。