ネイリストに転職するのに必要な資格「ネイリスト技能検定」とは?


ネイリストとはこんなお仕事

大雑把に言ってしまえば、人の爪の手入れをして、お客さまがイメージするデザインを施すことによって、手や爪を美しく見せるというのが、ネイリストの仕事になります。よくネイリストの仕事と聞いて「爪にアートを描くだけの仕事」と思われる方もおられますが、そのベースとなるのは爪の手入れをする「ネイルケア」という作業であることを忘れてはなりません。

ネイリストを極めるにはどうすればいいのか

接客やネイルの技術を磨くというのは当然のこととして、最も重要なのが「常に最新の情報をキャッチする」ということですね。ネイルアートの技術は日々進化を続けており、今やジェルネイルやラインストーンを扱った技術が当たり前の時代になりつつあります。もちろんファッション同様に流行がありますので、求めるものも当然変化していきます。ご要望に確実にこたえるためにも、日々の研究や研鑽は絶対に欠かせません。

「ネイリスト技能検定」はこんな資格

ネイルに関する技術・知識を問う資格試験で、3段階のレベルが設けられています。3級ではネイルケアの基本的な能力を、2級では一般的なネイルサロンで要求されるネイルアートやリペア技術などを、そして最高レベルの1級ではネイルにおけるあらゆる技術や知識を、それぞれ問われます。

「ネイリスト技能検定」という資格を取得する上で必要なことは

この試験はとかく実技試験が厳しく採点されるので、まずは経験者からレクチャーしてもらうなどして、技術力を身につけましょう。