就職の経験者・安田弘太さんが語る。


安田弘太さんはこの「おくりやサービス」という企業に就職するまでに何をしていたのか

ボランティア活動に明け暮れていました。大学生の頃に、海外青年協力隊を経験していたので、世界各地をいろいろ回って何でもしてきました。ボランティアと言っても、普通に生活ができる程度の金額は頂けるところばかりだったので、特別お金に困るということはありませんでしたが、さすがに結婚もしたいですし、両親も安心させたいですし、そんなわけで帰国して就職を考えるようになりました。

安田弘太さんが「おくりやサービス」への就職を希望した理由

葬儀業界を志望するきっかけというのは、海外青年協力隊の活動を終えて帰国した直後の出来事が大きなきっかけとなりました。実は海外青年協力隊に途中まで一緒に活動していた、私の古くからの親友が急逝してしまったんです。それで初めて葬儀に出席することになったんですが、その運営をしていた葬儀会社の丁寧な仕事や、何より喪失感に襲われていた私に声をかけてくださったスタッフの温かさに触れたことで、私もこのスタッフのような仕事をしたいと本気で思うようになりました。

実際に「おくりやサービス」に就職して

作法というものを全く知らなかったため、完璧にマスターするのには相当な時間と苦労を要しました。でも、依頼される側は、こちらがプロとして任されるわけですから、「知りません」という訳には参りません。とにかく完璧に習得しなければ……と思いましたね。

現在出している「おくりやサービス」の求人紹介

葬儀スタッフ。がんばる意思の強い方を求めます。