「賃貸住宅営業」に転職するのに必要な資格「宅地情報取扱主任者資格」とは?


「賃貸住宅営業」とはこんなお仕事。

賃貸の物件を紹介して、契約に結びつけるお仕事です。時にお客様に実際の住宅を案内しに行き、そこで暮らすイメージを提供することもあります。ほぼ不動産を取り扱っている仕事なのですが、場所によってはノルマ等があります。あの有名なエイブルなどはノルマをこなすことによってインセンティブという昇給があるようです。

その「賃貸住宅営業」で働くメリットとは

実際に物件を取り扱い、単価が高くインセンティブ効果が見込めるということに魅力があります。一旦契約するとその後や家賃収入から不動産の取り扱いとしてに費用を得ることができますので、人単価がすごく多いとされています。

その「賃貸住宅営業」を極めるにはどうすればいいのか

ヒアリング力を鍛えることだと私は思います。そして、ライバル社の情報を徹底的に仕入れてその違いを明確に出していくことが重要になってきます。この仕事はどうしても「受け身」と思われがちですが、実際には攻める姿勢が必要になってきます。

その「賃貸住宅営業」に就職や転職する上で必要なこととは

営業の経験というのが必要になってくると思います。営業の経験というのはひとつ持っていると他の業種にも適応することができると言われています。

「宅地情報取扱主任者資格」についてはどこで取得することができるか

宅地情報取扱主任者資格というの、国家試験でありこの試験を突破すると資格を得れることができます。50問中大体30問正解すると合格すると言われています。

「宅地情報取扱主任者資格」を取得する上で必要なことは

民法の知識が必要になります。過去の問題でも民法からの出題が多くありました。