転職の経験者「金島諭」が語る


「金島諭」はこの「富士食品」に転職するまでに何をしていたのか。

この会社に入社する前までは、飲食関係の仕事で調理の仕事をしていたときもありました。それ以外には警備員の仕事をしたときもありました。引越しの仕事を朝から夕方までしたから夕方からラーメン屋で働いて深夜の時間に漫画喫茶で働いてと寝る時間を削って働いていました。

 

「金島諭」が「富士食品」に転職する上で苦労したこと。

1つの仕事だけをしたことがなかったので他の時間をどういう風に使おうかと考えました。転職が決まった後で契約書を読んだときに分かったのですが、ここの社員になったと同時にいままでしていた副業を全て辞めなければいけない言うことに耐えられるかどうかで悩みました。

 

その転職の苦難を乗り越えた方法。

今までの無茶な動労をしていた理由を探しました。何の意味もないことに気付いた私は、今までの無茶なバイトをすることを辞めるようにしました。意味のないことをでも必死に生きている事で自分を評価していたのかも知れません。くだらないプライドを捨てて自分に正直に、自分の体の健康を考えるようになりました。

 

ちょっと笑える、「富士食品」へ転職をした際のエピソード

全てを決心した後も自分の変な言動や言動に気持ちが、グラグラしましたが自分の今を信じて真っ直ぐに行こうと思いました。転職したその日に歓迎のラーメンだと言われて店からご馳走されたと思っていたら全員分のラーメンを奢らされることになりました。